人気ブログランキング |

Bondブログ



2007年 12月 11日 ( 2 )


「発想力と優しい心」

~東京の建築は常に「生き物」の感じがする。 

京都で暮らしていると「文化と安らぎ」を常に感じられるが、また違う感覚とズレが僕にとって東京デザイン感覚かもしれない・・。

たとえば、大好きな映画監督のヴェム・ヴェンダース氏は「東京の建物は矛盾だらけが理解できない・・たとえばモダンな建築の隣にぼろぼろのタバコ屋さん・・。

しかし小津安二郎氏を特に崇拝されていて「それが、住んでみると心地よくなるものなのかもしれないと小津ワールドにて理解を示した。 
世界中を旅しても日本は特殊に感じられるそうだ。だからミステリアスで美しいのかもしれない。

今回の僕の「建築家の思考」を感じた

凄いなーデザイン東京は、「トイレット」です。
c0142045_2223740.jpgc0142045_22232022.jpg





















東京駅に直結している大丸百貨店の12階のお手洗いに行きビックリ仰天した!
まるで、ビルの屋上から立ちながらおしっこしている感覚になるトイレだった・・苦笑
京都は建築法例があって高い建物がないもの・・。

男子しか理解できない感覚ですが、「何ともいえない安堵感がある・・笑」 ごめんなさい下品で

この発想力は、『これからの建築家にはバリエーションを求められるような気がした』

人の心に入り込み、何回も利用しなくなり、心が広くなれる感じ・・・。

生きてるって感じ・・・。生き物建築。
by bondh | 2007-12-11 22:28

『世界中で二つ』

~東京出張に来るたびに、「流行とかファッション関係の仕事に関わる職業は日本の首都・東京に来て、リサーチしないと駄目だな…」っていつも感じる…

「何を、自分をその気にさせるのかは、きっとビバ・アメリカ精神に違いがない!」
つまり地元、京都には無いフィチャーや先物がある。憧れもあるかも・・・

何なんでしょう・・・う~ん。 かといって東京に住みたいとは思わない。心の刺激を求めるているのかもしれない。

今回は、銀座のショップをリサーチしてみた。自分の目にとまる「感じ」は今回は二つしかなかつた。

一つは、世界中から注目されている建築家の「精神と仕掛け」

もう一つは、ブランドショップの衣住食化とターゲットのグローバル化」だったー

今回は、世界中にブランドを確立したGUCCIの銀座店のGUCCI・Cafeに行きました。
世界中のGUCCIの店舗の中でミラノと銀座でしか食べれないオリジナルのティラミスを食す。
クオリティの高さと接客に感動してしまいましたー

僕は、神に誓っても「ゲイ」ではないですが、グッチ・カフェの店員は全員カッコよすぎるわーc0142045_21394278.jpgc0142045_21402465.jpg
by bondh | 2007-12-11 21:10

以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
Bond HAIR-MA..
from 向日市から世界へ  ツマヨウ..
かえる食堂
from 向日市から世界へ  ツマヨウ..
1月最後の日にお届けします。
from 向日市から世界へ  ツマヨウ..
「メリークリスマス」
from Bond ~ボンドの西田~
「メリークリスマス」
from Bond ~ボンドの西田~
MERRY CHRIST..
from 向日市から世界へ  ツマヨウ..
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧